イタリアの大晦日

今年も多くの方にスクオーラトスカーナのブログを覗いていただき、ありがとうございました。

クリスマスを家族で過ごすイタリアでは、大晦日は友人達と過ごすのがイタリア。
夕食をみんなで食べて、その後、町に繰り出すのが多いパターンです。

日本では、年越しそばを食べますが、イタリアでもやはり年越しに食べる食材があります。
それは、レンティッケとコテキーノです。レンティッケは、日本ではレンズ豆と呼ばれており、お金を呼び寄せると言われています。コテキーノは、脂身が多い豚の部分を腸詰したもので、茹でて食べます。コテキーノの変わりにザンポーネ(豚の足に豚肉の各部位を入れたもの)を食べる人もいます。
コテキーノもザンポーネも日本人の胃袋にはかなり重いですが、一度食べてみては如何でしょうか。

イタリアで年越しをされる方は、どんな大晦日の夜を過ごされるのでしょうか。

今年最後のレッスン

今日は、スクオーラトスカーナの今年最後のレッスンが行われました。

多くの生徒さんは、すでにクリスマスに向けて帰国されていますが、それでも、最後までレッスンに出席された生徒さんのクラスでは、やはりクリスマスに関することが豊富だったレッスン内容となったようです。

明日は、クリスマスイブ。そして、25日のクリスマスを迎えるイタリア。明日は、きっと最後のクリスマスプレゼントを買いに走る人々の姿も多いはず。

スクオーラトスカーナのレッスンは、1月9日に再スタートです!

Scuola Toscana at NiMi Festival

the stand of scuola toscana

The NiMi Festival is over. After a tranquil friday, we had a great saturday and sunday. Was it a success ? Too early to say, usually you can tell it after a couple of months, when the dust is settled and the enrolment (hopefully) start to arrive, with the tag “yes, I got to know you at the fair in Florence…”

the lesson of japanese

the show of Kyoto Minsai school

For sure, it was a lot of fun, for us, and for the public. We made our small contribution with a test lesson of Japanese language for beginner (we discovered that no one who came was a real beginner), and a show of traditional Japanese dance, courtesy of our hosts from Kyoto Minsai School.

scuola toscana team, and tandem

Late afternoon, we organised also a tandem (conversation exchange) between Japanese students of Scuola Toscana and someone of the public who already knew some Japanese language.

Setting up shop

Today afternoon I had a lot of fun preparing the stand for the NiMi festival which starts tomorrow – we arrived at 3.30 PM, unloaded the car, put up tables and shelves, then solved a couple of problems to put the poster somewhere,(we even borrowed a stair), and , 7:00 PM, more or less everything is ready.

As well as you can do your homework and prepare in advance, when you are at your stand’s place, in the field, you always need to invent something on the spot…
Not bad, tomorrow we still have to figure how to hide an ugly electrical outlet, but we’ll find something. At 2 PM, the show begins !

Nippon meets Italy Festival

This week we will dedicate our blog to Scuola Toscana as school of Japanese language – because with Scuola Toscana we will participate to the NiMi Festival at the Fortezza da Basso in Florence.

It’s a small dream which comes true, as in my previous life I worked as Junior Export Manager for an agrobusiness firm, representing the firm in many fairs and expos around Europe, but without much responsibility (I was even forbidden to communicate the prices to the customers…).

Since then I’ve always enjoyed (mostly as a visitor) the special atmosphere of a fair, the stands, the corridors, the lights and colours, people manning the desks and people roaming the halls, the whole circus…

Now it looks as I’m in charge, it is completely different but a lot more exciting – preparation was on the way for the last couple of months, everything now is ready, we got the schedules, the turns at the stand, the workshops, the brochures, the posters…

Our is just a 4×4 meters stand, but we will have tandem-conversation in Japanese, presentation of schools in Japan (ISI Tokyo and Kyoto Minsai, friends from Kyoto Minsai will be at our stand !), and giveaways: booklets about Tokyo and Japan (courtesy of Jinto, the Japanese National Travel Agency), maps of Japan, Japanese-style handkerchiefs, Hiragana/Katakana bookmarks, Japanese grammar books, and so on.

boxes full of advertising material for NiMi Festival in my car's trunk

We’ll keep you informed, as for now have a look at the fair homepage at
NiMi Festival

New Home(Page) for Scuola Toscana

After some years of honourable service, our Internet site http://www.scuola-toscana.com retires, and here comes the new one – it was ready more or less since May, but only now, with the low season, we dare to tackle the changeover (as for now, it looks we were lucky and did not experience any mayor problem).
Have a look here:

www.scuola-toscana.com

Like the old site, the new is too a work of Dr Duccio Guazzelli, a former (excellent) teacher at the Scuola Toscana turned web programmer around 10 years ago.
The new site should be more modern, faster, cleaner, easier to find for the search engines, and – easier for the directors to tinker with.

Therefore from now on, if there is something wrong or you do not find the necessary information, it is no more the webmaster fault, but just the directors’ fault…

Have a look and be so kind to leave us your opinion !

クイズの解答

遅くなりましたが、9月21日のブログに掲載したクイズの解答です。

 1.毎年、フィレンツェには、ある有名な裸体の彫刻像を見るために観光客が訪れます。この、彫刻像の名前と製作者はだれでしょう。

答え:ミケランジェロ作ダビデ像

2.スクオーラトスカーナの近くには、”via Torta”と言う名前の通りがあります。”Torta”とは、曲がったと言う意味ですが、実際、この道は、変わった曲がり方をしています。何故でしょう。

答え:元々は、ローマ時代にあった円形闘技場があったことに由来します。そのため、道も闘技場に沿うように出来ており、闘技場が無い現在でも道の形だけは残ったことになります。

3.フィレンツェは、ルネッサンスの都として世界中に知られていますが、これは、メディチ家の偉大な功績によるものです。さて、以下の名前の中で、メディチ家の人々の中にいなかった名前があります。どれでしょうか。
Alessandro
Marco
Cosimo
Giulia
Lorenzo
Anna Maria Luisa
Giovanni
Salvestro

答え: Marco  (スクオーラトスカーナの美術史コースではこういった内容も勉強できますよ。)

 4.フィレンツェ料理に”Ribollita”と呼ばれている料理があります。この料理の中心となる材料は何でしょうか。

答え:パン (スクオーラトスカーナの料理コースでは、トスカーナの家庭料理を学べます)

5.レストランガイドブックのミシュランで、フィレンツェで一番、星がついているレストランはどこでしょう。

答え:Enoteca Pinchiorri (エノテカ ピンキオーリ)。日本でもよく知られているこのエノテカは、スクオーラトスカーナから歩いて5分の距離にあります!

6.有名なフィレンツェワインが作られているフィレンツェ近郊のエリアの名前は何でしょうか。

答え: Chianti(キャンティ)当校では、課外活動としてキャンティ地方へのツアーも行っております。

7.Fiorentinaはフィレンツェのサッカーチームの名前ですが、さて、このチーム、いつイタリアサッカーリーグセリエAの優勝を果たしたのでしょうか。
1968
1988
2008
優勝経験無し

答え:1968年

8.フィレンツェはファッションの町としても有名ですが、このフィレンツェが発祥の有名ブランドはどれでしょう。
Cavalli
Gucci
Valentino

答え: Valentino スクオーラトスカーナのモーダ・デザインコースを受講されるといろいろなことが学べます。

 

皆さんはいくつ正解できたましたか?